必要?歯医者でのクリーニング

「乳歯はどうせ抜けるんだし、永久歯から気をつければ大丈夫でしょ」と思っている方、いませんか?

乳歯は確かに生え変わりますが、虫歯ができたのを放っておくと永久歯に悪影響を与える恐れがあります。

乳歯の虫歯を放っておくとこんな恐れがあります

乳歯の虫歯が悪化し、歯の根っこの周囲に膿を溜めると、その奥に控えている永久歯が変色する恐れや、永久歯がきちんと形成されずに弱い歯になってしまう恐れがあります。


1.永久歯が変色、弱くなる恐れ

乳歯の虫歯が悪化し、歯の根っこの周囲に膿を溜めると、その奥に控えている永久歯が変色する恐れや、永久歯がきちんと形成されずに弱い歯になってしまう恐れがあります


2.永久歯の歯並びが悪くなる恐れ

乳歯の虫歯がひどくなって永久歯に生え変わるべき時期より早く抜くことになると、後ろの歯が前にずれてきて、その後に生えてくるべき永久歯の生えるスペースがなくなり、歯並びがガタガタになる原因となります。


3.顎がゆがむ恐れ

乳歯が虫歯で穴が開くと、そちら側で食べにくくなるので、反対側でばかり噛むようになります。乳歯の虫歯を治療せずに放っておくと、そのアンバランスな状態が続いて、だんだんと顎の骨自体がゆがむ恐れがあります。


4.永久歯も虫歯になる恐れ

乳歯の虫歯を放置すると、永久歯も虫歯の原因菌にさらされて、虫歯になる恐れがあります。




乳歯の虫歯の注意点

虫歯が神経まで行ってしまうと、激痛でお子さんが辛い思いをしますし、治療も大変で状況は一気に深刻になってきます。

このようにならないためには、虫歯をつくらないように予防をしっかりすること、そして虫歯を放置せずにできるだけ速い段階で治療することが大切です。


健全な永久歯のためにも、乳歯のうちからしっかりとケアをしておきましょう。